読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の出まえ

読んで書いて歩いて、毎日をちょっとずつクリエイティブにする方法

【読書信仰?】読書に義務感などいらないのだよ

読むためのノオト

f:id:kkotrip:20170224083639j:plain

(▲京都・下鴨神社の古本市にて)

 

 

「本好きなん?かしこいなあ~」

 

「あざすー(あーでたわお約束の)」

 

 

本読んでもかしこくはなりません。

わたし1きいてもせいぜい2しか思いつかんアホですもん。

知識はつきますが、ほかの知識や生活と結びつけないとかしこくはなりません。

自分で考えないと余計アホになります。

 

わたしの読書の目的は「楽しむため」、これだけです。

テレビや映画よりおもろいしどこでも楽しめるから娯楽が本なだけ。

テレビ好きな人がテレビ見るように、わたしは本が好きで本を読んでいるだけ(テレビを持たない生活7年目)。

サロメ (岩波文庫)

サロメ (岩波文庫)

 

本屋さんや図書館でぶわーーーって本が並んでいるのを見ると、本気でイライラしていても心がスーッとさわやかになるようなセラピーの効果がある。

その中から手にとって、手ざわりをたしかめるのも好き。

もうとにかく本に関する行為すべてが好き。

そして一冊読みだしたらどんどんどんどん次の本を読みたくてたまらなくなって読まないことがありえない、みたいな感じ。読んで当然というか読まないとムズムズしてくる感じ。

 

 

本読んでたらインテリというブランド志向の方がえらいうっとおしい。

見栄や義務のために読むなら読まないほうが時間を有効活用できるよ。

「本読まなあかんねんけどなー」「読書を趣味にしたいねんけどなあ…」

読みたきゃ読めばいい。読みたくなきゃ読まなかったらいい。「本は読まなあかんもの」と自分でハードルをつくっているからしんどいわけで。

 

読みたい本を読みましょう、やはりこれにつきる。

kkomund.hatenablog.com

 

ただ向き合うときは誠実に。たとえおもんなくて途中で読むのやめても。

kkomund.hatenablog.com

kkomund.hatenablog.com

 

 

で今これも読んでいるのだけれど、すごく共感できる部分と全然理解できない部分があってとてもおもろい。読書メモ書いている途中なので出来次第公開しますね。

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

 

読書論をもたないとはいえども、読書論の本はめちゃくちゃ読んでます。読書論すべてを食わず嫌いで否定しているわけではありませんよ。

 

 

では最後までお付き合いありがとうございました。

これから美術館に行ってまいります~!