日の出まえ

毎日をちょっとずつオシャレに・クリエイティブにする方法

自分の居場所をつくったらそこは都になる

https://www.instagram.com/p/BOrjZZig-OT/

 

(▲故郷・信州の景色)

 

いま、大阪の工場が多い地域に住んでいます。

職場も大阪のわりと汚いところにあります。

kkomund.hatenablog.com

 

生まれは大阪でもビジネス街のキレイなところ。(育ったのは信州)

休暇で帰ってもそのビジネス街の大阪を見て育ってきたわたしには、今の環境はちょっと息が詰まります。

家の近くに本屋やカフェはひとつもなく、チェーンの飲食店とコンビニがあるだけ。

 

大学時代は西宮で暮らしていました。

あそこは今でも大大大好きです。キレイだし自然が多いし本屋もカフェもいっぱいあるし。

 

「引っ越せよ…」と思ってはりますね?今年引っ越しますよ!

 

 

ただここが地元で、何十年もずっと暮らしている人は何人もいるんですね。

「地元から出ていくこと自体考えたことがなかった」っていう人もいます。

それがすごいなーと。

ふるさとであればやはり愛着が湧くものなのでしょうか。

わたしも地元信州はやはり好きだけど、丹波とか山口とか住んでみたくて毎日ウズウズしてます。最終的に地元で暮らすと決めてはいるものの、こんなにもあちこち遊牧したい願望が強いとちょっと怖くなってきます。

 

 cf.オル窓のセンテンスが思い出されるなあ。。

いくたびか人は孤独のたたかいにおもむくためにふるさとをあとにする
人がふるさとを後にするのはいつか傷ついて幼子のように魂をやすめに
もどってくるためなのだ
ふるさとは繁き緑に安息し
ふるさとはかぐわしき花の香に満ちる
ふるさとは豊かなるドナウにたゆたい
ふるさとはなつかしき鐘の響にふるえる

ふるさと……
わが心のレーゲンスブルグ……!!

オルフェウスの窓(1)

オルフェウスの窓(1)

 

 

 

ただ、住めば都ということは決してないと思います。

そこに自分の居場所を見つけられなかったら一生都になることはありません。

地元に居続けている人は、ちゃんと自分の居場所があって「都」としているのでしょうね。

 

居場所づくりには、地域と密着するような行動が必要ですね。

いまの環境ではもう居場所を探す気はありませんが。。。やっぱりわたしの都に清潔感は必須だ。。。

 

 

 

さいごまで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

▼雑記

kkomund.hatenablog.com

kkomund.hatenablog.com

kkomund.hatenablog.com