読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日の出まえ

毎日をちょっとずつオシャレに・クリエイティブにする方法

【毒出し】このままではこのまま終わってしまう

 
 

https://www.instagram.com/p/BNkpnBMAE_9/

あと一年で節目という焦り 

 
会社から帰ったら飲んで寝るっていう繰り返しで何年もすごす大人にはなりたくないけど、
ちょっとした惰性や計画性のなさで簡単にそっち側にいってしまう危険性はいつでもあります。 
とくに最近焦っていて、必死で抗っています。
 
25歳までで人生の指針が決まってしまうといわれており、もしそうならわたしの場合はあと1年ちょっとしかないのです。。
 
 スイッチの入るのが遅かったなあ。
学生のときにスイッチが入っていれば~タラレバ~

いままでどれだけ惰性で時間を無駄にしてきたんでしょう、いったい何してきたんだまったく。。

 
 
 

現状:「作る」生活への変化

 

 

わたしも入社当時は慣れない環境で疲労困憊、帰ったらすぐ寝て休日も昼まで寝てすごしていました。

さっそくつまづいている感が悔しかったけどどうしようもなかったです。寝ることしか頭になかった。。

だんだん慣れてきて体力にも金銭的にも余裕がでてきてからは、まず大好きな旅行に定期的に行くことにして動くようになりました。

 

そして「このままでは普通の労働者のままおわってしまう!」とある日突然焦りだし、もうやったらめったらあっちこち行って本読んで写真撮って遊びに行ってセミナー行って。。っていう生活をスタート。文章もマメにつくるようになりました。

 

さいしょは消費ばかりでしたがだんだん「作る」ことに意識が向いてきて、退社から別の時間枠が始まるという今の生活に至ります。

自然といわゆる一日に二度生きる、ということになったわけです。

言い訳していたらなにもつくらないまま死んでいくことになるんだ、できないわけではなく自分で楽する言い訳をつくりだしているのだ、という焦り。

 

悪口陰口に付き合う気、消費だけに資源を費やそうという気も起きなくなりました。道徳的にどうとかではなく、単にムダなエネルギーと時間を使いたくないだけ。 

 

 

 

これから:四の五の言わず「作る」タスクを詰めこむ

 

>

 

以上のツイートはバンドの練習・準備について書いたものですが、

ベースを弾こと・ウェブで文章を書くこと・モレスキンのノートを書いてメモをつくること、この3つを二度目の一日と隙間時間に分散させています。

たまにオールの飲み会や予定ハシゴで崩れるけれど。。

やりたいことを詰めこんで言い訳ではなく手段を探して、素敵な大人になりたいのです。

 

 

二度目の一日を一度目の一日で完結できるよう、

あと1年もがいて土台をつくっていきます。今後ともよろしくおねがいいたします。

 

 

 

デトックス記事

 

kkomund.hatenablog.com